デジタル依存矯正プログラム
スマホをおいて、
やることやろう
現代人は、1週間のうちにスマホとテレビに30時間を費やします。
一方で、たいていのスキルは20時間でその基礎が身につくとも言われています。
1人では打ち勝てなかったあなたの誘惑を、私達が対策します。
さあはじめよう、頭のダイエット。
「頭のダイエット」のためのプログラムと言うと、とりあえず平積みにされている皮相浅薄なハウツー本か、いたずらに挑発的な言語で一時的な満足を与えて煙に巻く自己啓発セミナーの類を想像するかもしれません。
当社は、そのような曖昧で精神的な方法論をまず否定して、論理的で実効的なアプローチによって「スマホの使いすぎ」をはじめとするデジタル依存を対策するために創業されました。

素朴に表現すれば、食べ物が体をつくるのと同じように、情報が頭をつくります。それならば食べ物に気を配るのと同じように、頭に入れる情報についても気にかけるのは自然なことです。この点を踏まえて日々の生活を振り返ってみると、私達は身の回りのデジタル機器から無防備に情報を受け取っていることに気が付きます。タップした先にある情報がなんであれ、私達はそれを見ます。通知がくると否が応でも注意を奪われます。「次の動画」が自動で始まると、なんとなくそのまま見続けるかもしれません。
しかし情報というものは当然、天然に存在するものではなくてすべて誰かが意図を持って発信しているものです。そうであれば、デジタル情報を取捨選択せずに受け取っている現状は、吟味せずに他人の意見に言いなりになっているのと同じことだと言えます。
テクノロジー企業が自らの利益のため日夜アルゴリズムを改良し利用者に向けて情報を発信していることを意識すると、現代のインターネットユーザの姿は、まるで丸裸の兵団が遮るものもない平地で機銃掃射を受けているのに、なお警戒をせず平気でいるようです。

当社は、経営理念を「アルゴリズムと闘え」と謳うとおり、アルゴリズムを弄して利用者を操作するテクノロジー企業の有り方を問題視しています。そして本プログラムは、身の回りのデジタル環境に漠然とした不全感を感じていて、ここまで「うんうん」と首を縦に振りながら読み進めてきたあなたに向けたサービスです。
意思より環境
本プログラムの出発点は、「スマホを使いすぎて仕方がない」ことや「動画を見すぎてやめられない」ことの原因を、意志の弱さの問題にするのではなく、環境の問題にすることです。たとえばヘビースモーカーであれば、目の前に煙草があれば吸いたくなるものです。反対にどうあがいても煙草が手に入らない状況であれば、煙草を味わうことはできないでしょう。要するに人の行動はある意味では、意思の力うんぬんよりも、身の回りの環境に大きく左右されるという事実を重視します。理性の働きや意思の力が人間らしさの一部を構成していることは確かですが、大前提として人間は、与えられた環境に適応していく動物です。

2010年代に「デジタルデトックス」という言葉を聞いて人が想像したのは、「週末にスマホを持たずに田舎や大自然にお出かけをしてリフレッシュする」ような経験でした。これらは一つの娯楽体験として成立するにせよ、依存の対策としてほとんど無意味でした。あるいはスマホ依存を対策するためにアプリ上で仮想的な木を育てるといった試みも存在しました。これは仮想的な木を育てることを動機づけとして意思をコントロールできるという仮説に基づく牧歌的なアプローチでしたが、ニコチン依存症患者が週に2日だけ休憩しても意味がないことや、「アプリ上で木が育つから」という理由で煙草を我慢できないように、「スマホの使いすぎ」問題もこうしたアプローチでは解決できません。私達はデジタル依存の問題を、あくまで環境の問題であると割り切ります。
4種類の介入
デジタル空間の環境に関して踏み込んだ対策をするにあたって、私達はある領域を犠牲にします。それはプライバシーです。当社では「プライバシーは資産だ」を行動指針として掲げるように、私的な情報をあえて明け渡すことによって得られる利益をデジタル生活の矯正に活用するという方針を採用しています。たとえば「先延ばしを克服する自分監視アプリ」JAILER(ジェイラー)では、自分を映し出して匿名の他人に監視させることで自室に居ながら自習室にいるような強い緊張感を生み出します。また、「ネット依存を対策するフィルターストア」Middleman(ミドルマン)では、通常はクラッキング手法として用いられる中間者攻撃の状態を意図的に作り出し、通信を改ざんします。これにより従来では不可能であったモバイル通信環境への介入も可能になりました。

介入の仕方は、4種類に区分されます。第一には、トリガーの排除です。トリガーとはここで「もっと情報を見たい」と思い始めるきっかけです。たとえば扇情的な見出しをみるとつい記事の本文も見たくなります。ぽーんと赤く通知が光ると、中身を確かめたくなります。このようなトリガーは、Middlemanのフィルターを用いて排除します。通信を遮断し画面から消し去ることで、はじめから存在しなかったのと同じ状態になります。
第二には、制止管理です。言い換えれば「おわるべきなのにずっとやり続けてしまうこと」の管理で、お母さんが子供に言う「ゲームは1日30分までよ」という無慈悲な宣告と同じです。これもMiddlemanを用いて実現可能で、たとえば1日にYoutubeを1時間以上みると通信を遮断しその後の閲覧を不可能にします。
第三には、着手管理です。こちらは「やるべきなのにできていないこと」の管理を指し、「就業後に家で資格のために勉強する」など望ましい習慣づくりを目指すものです。自己管理アプリJAILERは、この種の自己管理を強力に支援します。
第四には、一時的な断絶です。「基本的には積極的に楽しみたいものの、特定の期間だけ我慢したい」場合に用います。これは、SNSなどアカウント登録が前提になる場合には、CoinLockerを使うとよく効きます。またYoutubeなどアカウント登録をせずとも楽しめるサービスの場合には、Middlemanのフィルターで環境を改変させます。

いずれにせよデジタル依存の矯正は、叩き潰して消滅させようというのではなく、本来どのような習慣になっているのかが望ましいのかを考え、そのゴールに向かって自然と時間の使い方が変化するように環境を改変していく作業です。
サービスの流れ
ヒアリング
問題意識を聞き出して矯正の対象を明確化して、一般的な設定の調節と当社のツール群で解決できるか検討します。追加の準備が必要な場合は、いったん期間を空けます。
環境の改変
当社のツールの導入、OSやサービスの設定変更などの必要な措置を行います。
前半1週間
予定した通りの生活に変化していくか、期待した効果が現れるかを検証します。
中間ヒアリング
前半の結果や感想を踏まえて、矯正期間の後半に向けて環境の改変を行います。
後半1週間
予定した通りの生活に変化していくか、期待した効果が現れるかを検証します。
最終レポート
プログラム期間終了後も新しい生活習慣を定着させられるように、アドバイスを行います。
料金
1円以上の任意の値段。
本プログラム中に行うデジタル環境の改変は、OS・アプリ等の設定を最適化する方法に加えて、当社が提供する独自ツール群を用いて行います。そのため、必ずしも本プログラムを利用せずとも個別にツールを利用すれば、同等の効果は期待できます。したがって本プログラムの対象者とは、単独では自分の問題を解決できずに困っている方となり、当社アドバイザーが問題の同定と解決の支援を行います。

金額について「1円以上の任意の値段」としておりますが、これは本プログラムが試験中であり価格を探る目的があるためです。支払いは発生するという前提でサービスを受けて頂きたい一方、現実にどれだけ満足したか、また満足しなかったかはアンケートを通じて調査することにしました。 本プログラム終了前にアンケートにて、「サービスの価格はいくらだと思うか」「現実にはいくら支払うか」を尋ねますので、そこに記載した金額をお支払いください。 支払いは銀行振込でのみ受け付けます。
独自のツール
JAILERの画面
先延ばしを克服する自分監視アプリ
ジェイラーは、自己管理のために監視を依頼するアプリです。 あらかじめ監視を予約しておき、時間になればスマホ越しに監視員が実際に作業を監視します。 これにより、眼の前に人がいるのと同じだけの緊張感をもって作業に取り組むことができます。
このソリューションの肝は、「人間が監視する」ことです。逆説的に思われるかもしれませんが、テクノロジーの力を利用することで効率的に人間による監視を行う仕組みを構築しました。弊社が行ってきた試行錯誤から分かったことは、人間の行動を変えるもっとも強い力は人間同士が生み出す社会的な緊張感です。テクノロジーを使うことでそうした社会的な緊張感を、空間を超えて効率的に生み出すことができるようになりました。
CoinLockerの画面
SNSアカウントお預かりサービス
コインロッカーは、SNSアカウントを「乗っ取って」、希望する期間だけアクセスできないようにするサービスです。
ロックしてほしいSNSアカウントのIDとパスワードを入力すると、プログラムが代わりにログインしてパスワードを変更します。
大事に使っているSNSのアカウントのログイン情報を他社サービスに入力してしまうことは一見して破綻した行為に見えますが、重要な情報をすべて端末にのみ保管することでセキュリティ上の安全性を担保しました。自分の内側で決めごとをするだけでなく、外部プログラムを利用することでSNSデトックスに前向きになります。
Middlemanの画面
ネット依存を対策するフィルターストア
ミドルマンは、インターネットを好きなように改造するためのフィルターを提供するサービスです。
面白すぎて気になってしまう情報を取り去ることによってネット依存を対策することができます。
本来はクラッキング手法として用いられる中間者攻撃のメカニズムを利用して、通常は覗くことができない暗号化通信をフィルターによってお客様の希望するように改ざんします。
「暗号化通信を改ざんする」ことで価値を生み出す点は、一見して情報セキュリティの常識から外れていますが、工夫を重ねることによって安全性・安定性ともに実用に耐えるサービスとして提供できるようになりました。
アドバイザー
本プログラムのアドバイザーは、当社代表の花房孟胤が務めます。これまで自分自身の問題としてデジタル依存の問題に取り組み、JAILER、CoinLocker、Middleman等のサービスを制作してきました。
元来「人のこころ」に関心があり臨床心理士になるつもりで大学に進学しましたが、大学でプログラミングに熱中したため20代はWEBサービスをつくりながら情報技術を学ぶことになりました。仕事の性質上インターネットに触れる時間が長く、ネット依存の傾向が生じたことがきっかけとなって情報技術を使ってネット依存を対策するための個人的な取り組みを行ってきました。そうした経験を基にして2017年に株式会社デジタルデトックスを創業し、今日、デジタル生活矯正プログラムのあり方を模索しています。
来歴
2009年 東京大学文科三類入学
2010年 だれでも無料で受験勉強ができるサイト「manavee.com」開設(2017年閉鎖)
2011年 東京大学文学部人文社会学科心理学専修過程進学(2014年中退)
2014年 システム受託開発「株式会社モフヤマモフコ」創業
2017年 デジタル依存対策に取り組む「株式会社デジタルデトックス」創業
参考